カウプ指数(KAUP)の計算方法を紹介 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > カウプ指数

カウプ指数(KAUP)の計算方法

あなたのお子さんは太りすぎではありませんか?
ここではお子さんの身長、体重の釣り合いをチェックしてみましょう。

発育の状況は身長と体重の釣り合いで判断しますが、これを数値で表すのにいろいろな数式があります。その中で乳幼児に適しているのが「カウプ指数」といわれています。

「カウプ指数」は、体重をg、身長をcmの数値として、次の式で計算して下さい。

カウプ指数の計算方法

「カウプ指数」による判断は、戦後栄養状態が不良の乳児をみつけるのに用いられ、肥満のほうは深く考えられていませんでした。現在では、肥満の判断に用いられる事も多く、また幼児にも用いられています。判断の目安として下のような表がありますので、参考にして下さい。

カウプ指数

発育状態を「普通」とするのは、乳児(3ヵ月以後)では16〜18で、幼児は満1歳で15.5〜17.5、満1歳6ヵ月、満2歳で15〜17、満3、4、5歳で14.5〜16.5です。これは、男女をあわせたもので、あくまでも目安です。
なお、生後3ヵ月になるまでは身長、体重とも急速に増加するので、この目安で判断する事はできません。

太りすぎのお子さんをお持ちの方へオススメBOOK | 赤ちゃんの体重を計るなら

9月19日 19:50 の子育て・育児ニュース

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2015 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

ライフマイル